レーザー脱毛研究所111!レーザー脱毛はどのくらいの期間を空けるのが重要?

脱毛は一気に多なうものではなく一定の期間を置きながら行うものです。これは肌へのストレスをためない為でもあり、毛周期に合わせて施術を行う為でもあります。

毛周期とは毛が抜けてから生え変わるまでの周期のことで、生えている部分によって毛周期も少しずつ違います。そして基本的にレーザー脱毛の場合、一度施術を行ったら二か月は間をあけた方が良いと言われています。

空ける期間についてはサロンごとにだいたい目安がありますので、それに従うようにしましょう。脱毛部分にもよりますが、顔の脱毛でも一か月ほど空けた方が良いようですね。

大体一か所の脱毛を完了させるまでに半年から一年かかると言われています。レーザー脱毛はフラッシュ脱毛より肌への刺激が強いのであまり連続して行うことは出来ないようですね。全身脱毛を京都で考えている場合には医療脱毛にするのか?脱毛サロンで脱毛をするのかを決めた方が良いんです。

間隔はサロンによって違いますが、プランの期限というものはほとんどの所が定めていませんので自分のペースで通うことが出来ます。

また、一か所の間隔をあけている間に他の部分の脱毛をすることも可能です。うまく毛周期と組み合わせて効率よく脱毛を行いたいですね。

脱毛と女性ホルモンの関係

脱毛と女性ホルモンの関係は密接であるようです。端的に言ってしまえば、女性ホルモンの分泌が盛んであるほどムダ毛は薄い傾向にあるらしいのです。一時期爆発的に流行した豆乳ローションを覚えているでしょうか。このローションには抑毛効果があるとして、実際私も家で自作しては塗っていて一定の効果を感じたことがあります。

この豆乳ローションが何故抑毛効果を持つのかと言えば、豆乳に含まれる大豆がもつイソフラボンという成分が女性ホルモンと非常によく似た構造であり、その結果女性ホルモンがもつ働きと同じような働きが期待できるということだったのです。女性ホルモンは脱毛を考えるにあたり重要なキーワードになりえるでしょう。

たとえば仕事などでストレスを抱えているとき、ヒゲの部分がいつもより濃くなったと感じる人がいるようです。でも、これは気のせいではありません。ストレスによって女性ホルモンと男性ホルモンのバランスが乱れ、男性ホルモンが多くを占めるようになった結果毛が濃くなっているのです。

男性ホルモンには体毛を濃くする作用があります。

男性ホルモンの取りすぎは毛が濃くなる危険性があります。そのため、その前に、全身脱毛梅田、京都、大阪、淀屋橋などで脱毛をしてしまうのが良いでしょう。

脱毛をしてしまえば男性ホルモンを摂取しても毛が生えてくることはないので、大阪、京都、兵庫付近で脱毛を考えている人は梅田などで脱毛をすることを検討してみましょう。

コメントを残す